travellerkunの旅日記

旅先での出来事について書いています。

道東・道北周遊の旅2017 5日目~釧路→網走~

厚岸ではだいぶ滞在時間を延ばしてしまったのですが、ようやく釧路に到着しました。

釧路でもちょっと駅前の散歩をしてみましょう。

 

 

釧路駅を出て、線路をくぐるトンネルを抜けるとそこには素敵な街並みが広がっていました。

またもや白黒の写真ですが、何となく雰囲気が伝わればな、と思います。

 

↓ゲート。鉄北センターというらしいです。

f:id:travellerkun:20180618221404j:plain

 

 

ここからいろいろと中を見ていきましょう。

↓路地を少し入ってみました。あまり営業している店舗は多くないようです。

f:id:travellerkun:20180618222312j:plain

 

基本的にはどこのお店も飲み屋のようです。

残念ながら営業しているお店は1つか2程度しか見当たらなかったのですが、曜日や時間が悪かったのでしょうか。

 

↓さらに路地を進みます。場所柄なのか、炉端焼き屋が多かったような気がします。

f:id:travellerkun:20180618222849j:plain

 

お酒が飲めればちょっと立ち寄って一杯やってきたいところではありますが、ほぼ飲めない身としては、悲しく素通りするほかありません笑

 

↓営業中のお店を見つけました。

f:id:travellerkun:20180618223434j:plain

 

 

↓貸家のビラを見つけました。安いのやら高いのやら笑

f:id:travellerkun:20180618224202j:plain

 

 

 ↓スナックや洋品店、手打ちそばなど、いろいろな店の看板が並んでいます。

f:id:travellerkun:20180619210343j:plain

 

今夜は網走まで移動しなくてはならないのですが、いかんせん列車の間隔が大きく開いていますのでまだまだ時間があります。

鉄北センターからは少し離れて、釧路の街を散歩してみましょう。

 

 

ばんえい競馬の場外馬券場。割と人気なようで、少し人だかりができていました。

f:id:travellerkun:20180619210613j:plain

 

 

↓こちらのスナックもかなりいい味が出ていましたが、営業していないようです。

f:id:travellerkun:20180619210802j:plain

 

↓ユー&ミー わたしとあなた。いい看板です。

f:id:travellerkun:20180619222743j:plain

 

 

↓路地の端。シャッターだらけに加え建物自体がゆがみきっていました笑

f:id:travellerkun:20180619223248j:plain

 

 

↓ミズノマンション。昔ながらの建物ですが、住んでいる人もいそうでした。

f:id:travellerkun:20180619223429j:plain

 

 

↓ホテル星の砂。昔はきっと、たくさんの利用者がいたのでしょう。

f:id:travellerkun:20180619223610j:plain

 

 

空も若干暗くなりはじめ、列車の時間も近づいてきました。

食事を摂る時間がなかったので、今回は釧路駅で弁当を購入することに。

 

写真はないのですが、駅構内の売店でその場で作っていると思われるザンギ弁当を買うことができます。

ボリュームの割に価格も安くとてもおいしかったです。

 

これまた写真はないのですが、釧網本線の列車に乗車します。

釧路を発車した時は高校生のカップルや家族連れで、そこそこの乗車率がありました。

 

知床斜里を越えたあたりで乗客はついに僕1人に。

こういう状況を実際に見てみると、北海道に限らずローカル線が抱える問題はとても深刻だということがわかりました。

これらを純粋に、乗客からの運賃収入だけで賄うというのは無理があるというのが純粋な感想です。

 

↓ほかに乗客のいなくなった車内。昔々、新幹線で使っていた座席だそうです。

f:id:travellerkun:20180619231359j:plain

 

 

コトコトと3時間ほど列車に揺られて、網走駅に到着。

時間は22時を過ぎていました。

f:id:travellerkun:20180619231934j:plain

 

夜が深まってきましたが、もう少しだけ網走の繁華街を歩いてみましょう。

 

↓駅からホテルへ歩く途中で見かけたスナック。

f:id:travellerkun:20180619232210j:plain

 

 

↓赤とんぼ。ぽつぽつと雨が降ってきました。

f:id:travellerkun:20180619232442j:plain

 

 

↓日曜日ではありましたが、パブやスナックはそこそこ人が入っているようでした。

f:id:travellerkun:20180619232913j:plain

 

↓今夜の宿泊はこちら。

網走 セントラル ホテル【 2018年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

日曜日の宿泊で、シングル1泊3,600円。

このホテルはとてもきれいで、3,600円という値段はとてもお値打ちです。

結婚式などもできるホテルのようですので、割と格式高いホテルなのではないでしょうか?

 

翌日は、網走から遠軽、名寄へと向かいます。

道東・道北周遊の旅2017 5日目~根室→網走~

さて、旅も終盤に差し掛かってきました。

今日は大移動が予定されていますので、朝から大量に食べていきましょう笑

 

 

もともと寝起きが非常に悪いため、8時過ぎの列車で厚床→厚岸→釧路と移動する予定だったのですが、早々にあきらめました笑

 

 

↓朝食はこちらで食べました。

ニューモンブラン (根室市) の口コミ9件 - トリップアドバイザー

 

口コミの件数こそ少ないようですが、根室名物の「エスカロップ」の食べられる喫茶店です。昔ながらの、ちょっとどっしりしたソファーが備え付けられている店内で、味も申し分ありません。

11:03根室駅発の快速「はなさき」に乗りたいためさっさと食べなくてはならないのですが、なかなかの量ある上に味も濃厚のため思いのほか時間がかかります笑

それに加えて、体調も悪化の一途をたどっております。

 

 

快速はなさきにもなんとか間に合い、厚岸駅には定時到着できました。

到着後まず向かったのはコインランドリー笑

 

 

厚岸町役場の塔です。ここでも北方領土が取り上げられています。

f:id:travellerkun:20180613205010j:plain

 

 

厚岸では、次の列車の到着までしばらくありますので街を散策に出かけます。

駅前の商店街も日曜日の昼間ということもあってちょこちょこ開いています。

 

↓厚岸大橋からの眺め。釣りをしているようです。

f:id:travellerkun:20180613205322j:plain

 

 

↓別海まで74キロ。別海ってどこ?笑

f:id:travellerkun:20180613205451j:plain

 

 

↓厚岸大橋の完成記念碑。

f:id:travellerkun:20180613205628j:plain

 

 

↓港にあった小屋。

f:id:travellerkun:20180613205726j:plain

 

 

↓牡蠣殻。

f:id:travellerkun:20180613205823j:plain

 

 

↓博栄丸。

f:id:travellerkun:20180613205922j:plain

 

 

↓厚岸漁協の直売店。この日はお祭りをやっていました。

f:id:travellerkun:20180613210120j:plain

 

f:id:travellerkun:20180613210220j:plain

 

ここでは、牡蠣を自分用に発送しました。

まるえもんやかきえもんといった名前がそれぞれ付いていましたが、とりあえず一番高いのを送っておけばいいやってことで、5,000円程度のものを選んでおきました笑

 

 

 

↓厚岸漁港そばのガソリンスタンド。この日は休みでした。

f:id:travellerkun:20180613210335j:plain

 

 

↓石油タンク。ぎらついてます。

f:id:travellerkun:20180613210516j:plain

 

 

さんざん散歩した結果、コインランドリーではしっかりと乾燥まで完了していました笑

 

 

↓厚岸駅のご当地入場券。

f:id:travellerkun:20180613212113j:plain

 

↓裏面。

f:id:travellerkun:20180613212218j:plain

 

 

厚岸では、散歩中に見つけたお菓子屋さんでこちらのお菓子を買ってみました。

↓だいぶぶれてますが、牡蠣パイ。おいしいパイの上に、青のりのアクセントです笑

f:id:travellerkun:20180614220526j:plain

 

厚岸ではだいぶ時間を使ってしまいました。

この後は、釧路→網走と釧網本線へと乗り継ぎます。