travellerkunの旅日記

旅先での出来事について書いています。

中国からベトナムへの旅2018 8日目 ~帰国+蛇足+まとめ~

長かった旅も今日で終わりです。

今回も成田空港に到着してすぐには旅行を終わりにせず、いつか新潟→大阪の旅行を余計に行う権利のために新潟へ向かいます。

 

けどこれ、どうなんでしょうね。

新潟→那覇や仙台→那覇だったらある程度意味もあるような気がしますが、大阪程度だったら新幹線や高速バスでも所要時間と費用を考えたらあまり変わらないのでは?笑

 

 ↓赤囲いの部分です。

f:id:travellerkun:20181015175606j:plain

 

毎回やっているような気がしますが、この部分があれば後に入る「新潟→大阪」「大阪→羽田」ここが、24時間以内の乗継限定で利用することができます。

 

ここからは特に目新しいこともありませんので、適当に書いていきます笑

広州から新潟だと少し待ち時間が長いのが厄介です。

本当は新潟ではなく仙台へ行けばもっとその先の行先が広がるのですが、混雑しているようで成田→仙台は座席が取れませんでした。

 

 

新潟空港新潟駅は、バスで約30分。

新潟駅→東京駅は新幹線で約2時間です。

 

 

結局この時に確保した「新潟→大阪」「大阪→羽田」「東京→大連」は、まだ使用していません笑

気が向いたときにでもふらっと出かけたいと思いますが、大連は東京と比較して冬の寒さが厳しいようなので、しばらく先になりそうです。

 

 

結局今回も移動時間にかなりの時間を割いてしまったわけですが、最小限の荷物しか持たない主義のため、あまり苦労はありませんでした。

そんななか、今回一番便利だと感じたのはホテルでのクリーニングです。

今まで国内旅行ではコインランドリーを使ったりしてきたのですが、海外では現地で着替えを調達するなりしてきました。

 

日本のホテルでクリーニングを利用すると、ちょっと抵抗があるような金額であることが多いですが、今回ベトナムで利用したクリーニングは基準が重さ。

1kgあたり2USDでしたので、2~3日分のTシャツ、下着等は2kg程度で収まります。

重い荷物を持ち運ぶのはかなりの苦痛だと思いますので、この程度の金額で利用できるのであれば今後も利用したいと思います。

ただ、東南アジアじゃないと高くて利用できないと思いますが笑

 

そんなこんなで、今回も無駄だらけの旅行でしたがこの辺で締めたいと思います。

中国からベトナムへの旅2018 7日目~ハノイ→香港→広州~

いよいよこの旅行も終盤に近付き、相変わらずの無駄な移動が発生しました笑

本来であれば「ハノイ→広州」を移動すればいいものの、LCCの就航日ではなくこの日の航空券の価格がほかの日より高かったため、途中に香港を挟むことに。

 

この日の移動ルートはこんな感じです。

 

ハノイ 9:35 →BL678→ 香港 12:25 →広九直通列車→ 広州

 

香港から先の区間に関しては、予約なども特にしてません笑

切符が取れなければ、バスで移動することにしましょう。

 

まずはホテルをチェックアウトします。

3泊4日の滞在+アーリーチェックインの利用で、およそ¥13,000。

部屋もアップグレードしてもらい、非常に満足度の高いホテルでした。

 

ハノイの交通状況等がわからなかったため、この日はあらかじめ予約した空港への送迎サービスを利用しました。

これがおよそ¥1,500。今思ってみれば、ここはバス移動でよかったかもしれません。

 

ノイバイ国際空港は、特に写真もなにもありません笑

 

↓BL678からの眺め

f:id:travellerkun:20180904074430j:plain

 

空港から市街中心部へはエアポートエクスプレスで移動します。

初めて香港に来たもので全く知らなかったのですが、香港は中国元って使えないんですね笑

勝手に使えると思ってやってきたので、またここでキャッシングする必要が出てきました。

今回は、滞在時間も短いので約¥5,000相当の300香港ドルを引き出すことに。

 

エアポートエクスプレスが香港まで100香港ドルかかるため、一気に3分の1のお金が無くなりました笑

 

香港はただ立ち寄っただけなので、さっさと広州へ向かいましょう。

↓紅駅。ホンハムもしくはホンカンと読むようです。読めんです笑

f:id:travellerkun:20180907205048j:plain

 

さて、ここで一つ僕が気づいたことを書いておきます。

ここでは、広州行きの国際列車の切符を購入するわけですが、まずは鉄道会社の窓口へ向かいました。

すると、「直近で発車する列車は満席」だとのこと。

およそ2時間に1本しか列車本数がないので、なるべく早い列車に乗りたい。

困っていると、カウンターの女性が「あっちの旅行会社へ行ってみたら。」というじゃないですか。

海外旅行あるあるなのかもしれませんが、旅行会社で問い合わせたところ、あっさりと目的の列車の切符が購入できました。

ちなみに、ここでも中国元は使えませんでした。

 

↓鉄道会社のカウンター。

f:id:travellerkun:20180907205646j:plain

 

↓近くにある旅行会社。

f:id:travellerkun:20180907205803j:plain

 切符の価格も変わらなかったです。

 旅行会社が切符を押さえて、手数料でもかすめているのでしょうか。

 

 

乗車時刻になり、やっと列車に乗車し始めます。

f:id:travellerkun:20180912080301j:plain

 

 

最近(2018年10月)、香港から広州へも高速鉄道が開通したようで、僕が行った時とはすこし状況が変わっているかもしれません。

 

乗車は2時間ほどで、あっという間に広州へ到着します。

広州駅の看板。中国らしいですね笑

f:id:travellerkun:20181013220451j:plain

 

 

この時点で移動だらけでだいぶ疲れています笑

 

明日の朝乗る飛行機の時間が割と早いので、今夜は空港のそばに宿を取りました。

 

广州维也纳酒店机场2店 (Vienna Hotel Guangzhou Airport 2nd Branch) -広州-【 2018年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

「人和駅」という地下鉄の駅のそばにあるホテルなのですが、いくつか駅周辺に姉妹店があるようで、最初は間違えて別のところへ行きました笑

 

価格も安く部屋も十分きれいで広いので、おすすめです。

ちなみにこのホテルは、僕がうかがったときには日本語を話すことのできるフロント係がいました。

人和駅周辺にも割とお店がありますので早めに着いてホテル周辺を散策するのもいいかもしれません。

 

 

ほぼ1日移動に費やしたせいか、ホテルに到着して即寝ました笑

翌日は広州→成田→新潟と移動します。